Letters to his family from a farther working abroad

Saturday, August 29, 2009

Flowers in Awaji Is.



ずいぶん前に撮った(とった)写真だよ。
淡路島(あわじしま)の植物園(しょくぶつえん)で撮ったものだね。
めしべの上に、何か小さなものが乗っているのが判るかな?



これは、丘(おか)の上のお花畑(はなばたけ)に行った時に撮った写真だよ。
とても風が強い日だったね。
夏の暑い(あつい)日からは考えられないけど、寒かったね、この時は。

でも、丘の斜面(しゃめん)を埋め尽くす(うめつくす)小さな花と、その向こうに(むこう)に広がる海を行く豪華客船(ごうかきゃくせん)を撮ったこの写真は、パパのお気に入りだよ。



ちょっと視点(してん、物(もの)を見る位置(いち)のことだよ)を下げて、写真を撮ってみたよ。

花の密度(みつど、一定の範囲内(はんいない)にある物の量(りょう)のことだよ)は薄く(うすく)なったけど、花の向こうに海が広がって、船が走っているように見えるね。

花の向こうを歩いている人たちは、一体(いったい)、何を話しているのかな?
きっと、内緒話(ないしょばなし)だね。

物の見方(みかた)を変えて見ると、意外(いがい)な発見(はっけん)があるかも知れないね。
いつも見慣れて(みなれて)いるものでも、違う(ちがう)角度(かくど)から見てみたら、新しいものが見えてくるかもしれないよ。

今日は、何か新しいものを見つけたかな?
明日は、何か新しいことを学ぶかな?
みんなの気持ち(きもち)次第(しだい)だね、それは。

じゃあね。ママの言うことをよく聞いて良い子でいてね。
夏休みも残り少ないけど、楽しく過ごしてね。
ばいば~い。 :)

Thursday, August 27, 2009

A Gondola over a river

Can you see the gondola?

青ナイル川の川岸(かわぎし)のちょっと離れた(はなれた)所から撮った写真だよ。
濁った(にごった)水がたくさん流れているね。
水の勢い(いきおい)もなかなか強いから、この川を泳いで(およいで)渡る(わたる)ことなんて、まずできないね。
それに、ここにはワニも住んでいるから、泳いで渡ったらとても危ないね。
この写真の手前側(てまえがわ)の岸(きし)に、何かちょっと変わったものが写っているのが判るかな?

Small gondola seems to be used to cross Blue Nile.

写っていたのは、ゴンドラだよ。
両方(りょうほう)の岸に張った(はった)ロープにぶら下がって、青ナイル川を渡るのに使ったんだろうね。
きっと、怖かったと思うよ。
すぐ下には青ナイル川の濁流(だくりゅう)が流れているんだからね。

でも今は、大きな橋が青ナイル川の両岸(りょうがん、両方の岸のことだよ)を結んでいるから、こんな怖いゴンドラに乗らなくても済むんだよ。
エチオピアの人たちは、車やバスに乗ったまま橋を渡って、この川を越えることができるんだよ。
橋があってよかったね。

今は当たり前に思えるような便利(べんり)なものでも、それを作った人がいるから、みんなは使えるんだね。
電車(でんしゃ)に乗れるのは、線路や駅を作ったり、電車を運転(うんてん)したり、点検(てんけん)したりする人がいるからだね。
外国(がいこく)にいるパパとインターネットを使って話せるのも、コンピュータやインターネットを作ったり、点検してくれる人がいるからだね。
そういう人たちには感謝(かんしゃ)しないといけないよ。

もう判って(わかって)いると思うけど、いつもご飯を食べられるのは、いつもママが作ってくれるからだね。
ママに「ありがとう」って言うんだよ。

じゃあね。ママの言うことをちゃんと聞いて、良い子でいてね。
やさしい良い子でいてくれたら、パパは幸せだよ。
ばいば~い。 :)

Tuesday, August 25, 2009

Above the clouds

Above the clouds II

パパが仕事(しごと)で出かける渓谷(けいこく)は、標高(ひょうこう、海からの高さだよ)の差(さ)が1,500m(めーとる)もあるんだよ。
だから、渓谷の上の方は、谷(たに)から湧きあがった(わきあがった)雲よりも、高くなるんだよ。
この写真は、断崖(だんがい、急ながけのことだよ)から湧きあがる雲を撮ったものだよ。

Foggy mountain

谷を雲が埋め尽くして(うめつくして)いるのが判るかな?
谷から立ち上って(たちのぼって)きた雲は、だんだんとパパの方に迫って(せまって)くるんだけど、雲の中に入ったら、霧(きり)に包まれた(つつまれた)ようになるんだよ。
前に見せた写真みたいに、10m先が見えなくなるんだよ。

Over the fog

崖(がけ)に雲が迫ってきているね。
その雲の向こうには、渓谷の反対側(はんたいがわ)のなだらかな土地(とち)が広がっているね。

なかなか雄大(ゆうだい)な景色(けしき)でしょ。
パパはこういうところでも、仕事をしているんだよ。

もうそろそろ、夏休みも終わりだね。
夏休みの間に、何か出来るようになったことはあるかな?
少しは、良い子になれたかな?

少しずつでもいいから、良い方向に進んでいくことが大事だよ。
毎日毎日、少しずつでもね。

じゃあね。ママの言うことをきちんと聞いて、良い子でいるんだよ。
ばいば~い。 :)

Sunday, August 23, 2009

Rainbows in Japan

Rainbow in the air

日本はまだ暑い盛り(さかり)だね。
これは、パパが飛行機から見た虹(にじ)だよ。
見せてあげようと思っていたけど、忘れていたね。

Rainbow above

この虹は、みんなと一緒に散歩に出かけた時に撮ったんだよ。
覚えているかな?

虹のふもとに宝物があるとか、虹を見ると良いことがあるとか、パパは子供のころに信じていたよ。
でも、そういう気持ちって、大事なんだよ。
良いことがあるとか、明日は楽しいとか考えることは、みんなの毎日を明るく、楽しくするからね。

Rose

綺麗(きれい)な花を見つけたときのように、楽しい気分になってごらん。
綺麗な花を見ているときのように、やさしい気分になってごらん。



そうしたら、きっとみんなに楽しい明日がやってくるよ。
ほんとだよ。

じゃあね。
ママの言うことを聞いて、良い子でいるんだよ。
最近はママの言うことを聞いてないらしいね。
でも、みんなはいい子だから、ちゃんとママの言うことを聞けるよね。
ばいば~い。 :)

Saturday, August 22, 2009

Flowers in Japan in Early Summar



日本で撮った(とった)写真なんだけど、どこで撮った写真か忘れちゃったよ。
綺麗(きれい)な花だったから、この写真を撮ったんだけど、なんていう名前の花なんだろうね?
日本は今は夏(なつ)の真っ最中(まっさいちゅう)だけど、今はどんな花が咲いているのかな?
つゆ草はもう咲いているんだっけ?



これも、日本で撮った写真だよ。
ススキみたいだけど、ちょっと違うよ(ちがうよ)。
どこに咲いていたか、覚えているかな?

Red and Green

これは、ずっと前に撮った写真だね。
どこで撮ったものか、判るかな?

そうそう、セミを捕まえ(つかまえ)に行ったり、花を探しに行ったりする時(とき)には、道路を渡る(わたる)よね。でも、道路を渡る時には、気をつけるんだよ。
右も左もちゃんと見て、車もバイクも自転車も来ないことを確認(かくにん、たしかめることだよ)してから、道路を渡るんだよ。
あわてて急いで(いそいで)わたることはないよ。車が来ないことをしっかり確認してから、素早く渡るんだよ。

車にぶつかったり、怪我(けが)をしたりするよりも、ちょっとだけ待つ(まつ)方が賢い(かしこい)からね。
絶対(ぜったい)に飛び出し(とびだし、左右を見ずに道路を渡ったり、飛び出すことだよ)ては、だめだよ。
とても危ないからね。

じゃあね。
ママの言うことをちゃんと聞いて、良い子でいるんだよ。
できるかな?
できるよね。
そうしてくれたら、パパは幸せだよ。

ばいば~い。 :)

Thursday, August 20, 2009

Furious waterfall in Ethiopia

Furious Waterfall

すごい迫力(はくりょく)の滝(たき)でしょ?
濁った(にごった)水が、ものすごい勢い(いきおい)で流れ落ちてくるね。
滝から離れた(はなれた)ところにいても、しぶきがいっぱい飛んできて、服がぬれてしまうほどだよ。
でも乾季(かんき、雨が降らない季節(きせつ)のことだね)には、この滝にはほとんど水が流れていないんだよ。
すごい変わりようだね。



同じ滝を遠く(とおく)から眺めた(ながめた)写真だよ。
滝の周りには霧(きり)も出ているね。
実は、この写真を撮った(とった)時(とき)、パパは雲の中にいたんだよ。
信じられるかな?

Abay Gorge in Rainy Season

少し歩いて、振り返ってみたら、遠くを青ナイル川が流れていたよ。ここは標高(ひょうこう、海からの高さのことだね)の差(さ)が、1,500メートルもある峡谷(たにのことだよ)なので、景色はいいんだよ。
でも、雲の中に入ったら周り(まわり)を深い霧(きり)に囲まれて(かこまれて)しまって、何も見えなくなるんだよ。
すごい変化(へんか)でしょ。

これほど大きな変化はそんなに無い(ない)けど、世の中のいろんなことや、みんなの周りの人や物は、ゆっくり変わってゆくんだよ。
いつまでも同じじゃない、ってことだね。

周囲(しゅうい)の物事(ものごと)を変えてゆくのは、みんなの周囲の人たちが変えてゆくんだけど、みんなもそれを変えてゆけるんだよ。それに、自分自身(じぶんじしん、じぶんのことだね)を変えられるのは、自分だけなんだよ。
良い方向に変えてゆこうと思ったら、いつも良いことを考えているといいよ。
毎日、少しずつでもいいから、良い子になろうとか、賢く(かしこく)なろうとか、強くなろうと思っていたら、どんどん良い方向に変わっていくよ。
ほんとだよ。

じゃあね。
ママの言うことをきちんと聞いて、良い子でいてね。
できるよね?
けんかや悪口はダメだよ。
ばいば~い。 :)

Tuesday, August 18, 2009

A ruin of a past conflict

Ruin of conflicts

パパはこんなものを、エチオピアで見つけたよ。
これは、壊れた(こわれた)戦車(せんしゃ)だよ。
これを見つけた時、パパはとてもびっくりしたよ。
まさかこんなものを見つけるなんて、パパは思ってもいなかったよ。


Aiming at the air

この錆びついた(さびついた)戦車には、たくさんの弾痕(弾(たま)があたった跡(あと)のことだよ)が残っていたよ。
きっと、この戦車に乗っていた人たちも、この戦車と対決した人たちも、死んでしまったり、大けがをしてしまったり、したんだろうね。
とても悲しいことだね。
この戦車の周囲で死んだり、傷ついた人たちにも、当然、パパやママや、兄弟や友達や、ひょっとしたら、子供たちがいたかもしれないね。

もし、みんなの先生や友達が、怪我をしてしまったり、死んでしまったりしたら、とても悲しいよね。
泣いてしまうだろうね。
もし、パパやママがいなくなったり、怪我をしてしまったら、みんなはとても悲しくなるよね。
戦争(せんそう)や紛争(ふんそう、小さな戦争のことだよ)、けんかや争い事は、悲しみしかみんなにもたらさないんだよ。
それにかかわった人たちはみんな、不幸になるんだよ。

だから、喧嘩(けんか)はダメだよ。喧嘩はとても小さな戦争のようなものだからね。
喧嘩しないで、いつも仲良くね。

仲良くできたら、みんなが幸せで、楽しくなれるよね。

じゃあね、ママの言うことをきちんと聞いて、良い子でいてね。
そうしてくれたら、パパはとても幸せだよ。
ばいば~い。 :)

Sunday, August 16, 2009

Etiopian Sunset

Etiopian Sunset

これは、エチオピアの夕焼け(ゆうやけ)だよ。
アディス・アベバから地方(ちほう)に出掛けた(でかけた)ときに撮った写真だよ。
お日さまの光がひろがる帯(おび)のように、金色(きんいろ)に薄い(うすい)染まった(そまった)空に伸びて(のびて)いるね。


Sunset of Ethiopia

お日さまが沈む(しずむ)につれて、空の色がだんだんと濃くなって、輝く(かがやく)金色に染まっていったよ。
綺麗な(きれいな)夕焼けを見たら、良い気分になるよね。
みんなに、素晴らしい(すばらしい)明日が来るように、パパはいつも祈って(いのって、祈るというのは、神様(かみさま)におねがいすることだよ)いるよ。

じゃあね。
ママの言うことを良く聞いて、良い子でいるんだよ。
ばいば~い。 :)

Saturday, August 15, 2009

My Secret Retreat in Addis Ababa

Sheraton Addis

ここ、どこだと思う?
アディス・アベバ市内のあるところだよ。
とてもいいところに見えるでしょ。
噴水(ふんすい)のある広い池を囲むとても広い庭。
見ているだけでも、気分が良くなるところだね。


Sheraton Addis

噴水(ふんすい)を背景(はいけい)にしてバラの花を撮ってみたよ。
こうやってくつろげる場所で花の写真を撮ることは、パパにとってはほんとにストレス解消(かいしょう)になるんだ。
パパにとっては、貴重(きちょう)なアディス・アベバでくつろげるところだよ。

くつろぐことは、とても大切だよ。
疲れた(つかれた)ら、体中(からだじゅう)の力を抜いて、少しの間、くつろいでごらん。
また新しい力がみんなの体のなかにみなぎってくるのが、判ると思うよ。

Sheraton Addis

ここは、「シェラトンホテル」っていうところだよ。
世界的(せかいてき)に有名(ゆうめい)なホテルで、一泊(いっぱく、ひとばん泊る(とまる)ことだよ)が最低(さいてい)でも 230USD(230ドル、約2万3000円)もするんだよ。
とても高級な(こうきゅうな)ホテルで、パパにはまだ泊れないね。
でも、こういう良いホテルに泊まれる(とまれる)ように、パパは頑張る(がんばる)つもりだよ。

なにごとでも、向上心(こうじょうしん、自分をより高めようとする気持ちのことだよ。より良い子になろうとか、より賢く(かしこく)なろうとか、よりやさしい人になろうとか、そういう気持ちだよ)を持つことは、とても良いことだよ。

今日の自分が昨日の自分よりも、明日の自分が今日の自分よりも、より良い子になろうとか、賢くなろうとか、何か一つでもいいから学ぼうとかすることの積み重ね(つみかさね)が、大きな進歩(しんぽ、より良くなることだよ)につながるんだよ。

だから、毎日が大切なんだよ。
毎日、毎日、少しずつでもいいから、何かを学ぼうと思ったり、良くしていこうとしたり、してみてごらん。
急に、とても良い子になるのは大変だけど、毎日少しでもいいから、より良い子になろうとしてごらん。
そういう積み重ねが、大きな違い(ちがい)を生むんだよ。

パパの言うことは、判ってくれたかな?

じゃあね、ママの言うことを良く聞いて、いい子でいるんだよ。
みんなが良い子だったら、ママはいつでもニコニコしていられるよ。
そうなってくれると、パパはとても嬉しい(うれしい)よ。

ばいば~い。 :)

Friday, August 14, 2009

Flowers in Mt. Rokko



これは六甲山(ろっこうさん)に行ったときに撮った写真だよ。
山頂(さんちょう)を越えて、有馬(ありま)に向かう途中(とちゅう)で撮った写真だと思うよ。




なんていう名前の花なんだろうね?
パパにとっては、珍しい(めずらしい)花だったなぁ。
日本はいろんな花が咲いていて、花の写真を撮るのが好きなパパにとっては、良い国だよ。
エチオピアにもきれいな花は咲いているんだろうけど、こちらではなかなか写真を撮ることができないね。
そういう時間がないのと、カメラを持ってその辺をうろつく気分にはならないからね。

Life

この木の芽(め)は、誰か(だれか)が見つけたんじゃなかったかな?
切株(きりかぶ)から生える新しい木の芽は、新しい生命(せいめい、いのちのことだよ)が息(いき)づいている証拠(しょうこ)だね。



どんな小さな生命でも、それが生きていることに変わりはないんだよ。
生き物を育てて(そだてて)いるなら、死んだり枯れたりしないように、大事に面倒(めんどう)を見てあげないといけないよ。小さなメダカや小さなエビも、死んでしまったら可哀想(かわいそう)だからね。

みんなが食べるご飯も、元は生きていた動物(どうぶつ)や植物(しょくぶつ)だから、みんなはその生命をもらっていることになるんだよ。
だから、ちゃんと「いただきます」と言ってからご飯を食べて、食べ終わったら「ごちそうさま」と言うんだよ。

じゃあね。ママの言うことをよく聞いて、良い子でいるんだよ。
喧嘩や悪口はだめだからね。
みんながママの言うことをちゃんと聞いて、いつもママがニコニコしていられるなら、パパは幸せだよ。
ばいば~い。 :)

Wednesday, August 12, 2009

Rainbow over Blue Nile

Rainbow over Blue Nile

青ナイル川に、虹(にじ)が懸ったよ(かかったよ)。
深い渓谷(けいこく)の底(そこ)の方に虹がかかったから、虹をほぼ真横(まよこ)からみる位置から写真を撮れたよ。




まるで、青ナイル川にかかる橋(はし)のようだね。
青ナイル川と言っても、この川は泥水(どろみず)の色をしているね。
この辺りでは、ずっとこの色なんだろうね。
でも、下流に行くと、色が変わるんだろうね。

エチオピアは何もいい物がないところだけど、こうやって田舎(いなか)の方で見る景色は、なかなかのものだよ。
パパもこんな虹を見ることができるなんて、思ってもいなかったんだ。

みんなも、いつも楽しいことを考えて毎日(まいにち)を過ごしてね。
そうしたら、良いことがあるよ。
イライラしながら過ごしても、良いことはなかなかないよ。
自分の心は自分でしかコントロールできないから、嫌な(いやな)ことがあったら深呼吸(しんこきゅう)して、気持ちを落ち着けるんだよ。
大きく息を吸ったり(すったり)、吐いたり(はいたり)したら、気持ちが落ち着くからね。
そうしたら、嫌なことがあっても、それを気にせずに楽しいことを考えられるよ。

じゃあね。ママの言うことを、きちんと聞くんだよ。
ばいば~い。 :)

Sunday, August 9, 2009

Foggy Ethiopia

Solitude

すごい霧(きり)でしょ!
写真に写っている木までは、パパが写真を撮った場所からだいたい20メートルほどだけど、木の向こうはほとんど見えないね。
木の向こうは、まっすぐに切り立った崖(がけ)だよ。

Caution! Foggy road.

道路(どうろ)も霧に覆われ(おおわれ)ちゃったよ。
道路の先が全然(ぜんぜん)、見えないね。
こんな中で車を運転したら、とても危ないね。

去年(きょねん)行った阿蘇山(あそさん)もこんな感じだったね。
あの時は、前が全く見えないから、パパはとても怖かったよ。

In the fog

これが、パパがこちらで使っているランドクルーザーだよ。
いつもこの写真の車というわけじゃないんだけど、田舎(いなか)の方に行くときには、必ずランドクルーザーを使うよ。何かあったら、普通(ふつう)の車だと怖いからね。
ランドクルーザーには燃料(ねんりょう)タンクが二つ付いているんだよ。ガソリン・スタンドのないところで、燃料切れ(ねんりょうぎれ)になったら大変だからね。
首都のアディス・アベバにいる間は、普通の車なんだけど、この前見せたみたいに道路が洪水(こうずい)になっちゃうから、ちょっと怖いなぁ。

じゃあね。
良い子でいるんだよ。
良い子でいたら、去年みたいに旅行に行けるかもしれないよ。
悪い子だったら、行けないだろうね。

嫌な(いやな)ことがあっても、いらいらしないで、いちど深呼吸(しんこきゅう)をして気持ちを落ちつけてごらん。
自分の心をコントロールするのは、とても大切だよ。
一度、深呼吸だよ。
怒る(おこる)よりも、楽しく過ごした(すごした)方が良いよね。

ばいば~い。 :)

Saturday, August 8, 2009

Flood in Etiopian Rainy Season

Floods in the road

エチオピアの雨季には、すごく強い雨が短時間(たんじかん、短い(みじかい)時間(じかん)で、という意味だよ)に降るんだよ。
日本の夕立(ゆうだち)みたいだよ。
そんなある日、ホテルの部屋から外を見ると、わぁ、たいへんだ。道路で洪水(こうずい)が起きていたよ。

Mighty Land Cruiser

雨が降り始めてから、ほんと、あっという間の出来事(できごと)だったよ。
夕立(ゆうだち)が降り始めたと思ったら、あっという間に、すごい濁流(だくりゅう、にごった強い流れのことだよ)に変わってしまう日本の川のようだね。
道路がこんなに洪水になってしまうなんて、こわいね。
こんな道路だと、四輪駆動車(よんりんくどうしゃ、タイヤが四つともエンジンの力で動く車だよ)は強いね。
写真に写っているランドクルーザー(白い車)は、横に写っている赤い小さな車をしり目に、悠々と(ゆうゆうと)濁流と化した(だくりゅうとかした)道路を走っているね。
強いね、ランドクルーザー。
ランドクルーザーは、アフリカにとても似合う車だよ。

Lada? All right?

今度は、おおきなトラックが泥水(どろみず)をかき分けて、走っているね。
大きな波が立っているよ。
その横には、小さなタクシー(青い車)が走っているね。
あお君、大丈夫かな?
この車は LADA(ラダ)という、旧ソ連(それん、むかしのロシアのことだよ)で作った車だよ。

日本の道路がこんな洪水になることは滅多(めった)にないから、日本に住んでいて良かったね。
でも、たくさんの雨が一度に降ったら、日本でもこんな風になるから、注意してね。
もちろん、川で遊ぶ時は注意するんだよ。
日本の川は、すぐに増水(ぞうすい、水かさがますこと)してしまうからね。

じゃあね。
ママの言うことをちゃんと聞いて、良い子でいるんだよ。
喧嘩したり、悪口を言ったりしちゃだめだよ。
他の人が喜ぶことを言ったり、したりするんだよ。
そうしてくれたら、パパはうれしいよ。

ばいば~い。 :)

Friday, August 7, 2009

Mt. Rokko



パパと一緒に六甲山に行った時のことを覚えているかい?
これはその時にパパが撮った写真だよ。
みんなどんどん先に行っちゃうから、パパはおいてけぼりになっちゃたね。

A Passage in Mt.Rokko

このときは、みんなよく頑張って(がんばって)歩いたね。
登り(のぼり)も下り(くだり)もたくさんある山道(やまみち)を、たくさん歩いたね。
みんなが平気でどんどん歩けるから、パパは少し、驚いたよ。
よく頑張ったね~。

View from the summit of Mt.Rokko

たくさん歩いた後、六甲山(ろっこうさん)の山頂(さんちょう)に、ようやくたどり着いたね。
たくさん歩いた後だったから、山頂から見る景色も、また格別(かくべつ、特に良いことだよ)だったね。

でも、どんな人もみんなと同じように歩けると思っちゃいけないよ。
お年寄り(おとしより)は足腰(あしこし)が弱っているから、坂道(さかみち)の上り下り(のぼりくだり)はとても辛いんだよ。
だから、おじいちゃんやおばあちゃんに、山道を一緒に歩こうって、わがままを言っちゃだめだよ。
おじいちゃんやおばあちゃんはもちろん、みんなと一緒に歩きたいんだけど、足や腰が痛くなるから、後から大変なんだよ。

他の人の痛み(いたみ)を判ってあげるようになってね。
それはなかなか大変なことなんだけど、いつも気をつけていたらできるようになるよ。
これは、とても大事なことなんだからね。
他の人が嫌がる(いやがる)ことは、言ったり、やったりしちゃだめだからね。
他の人が喜ぶことを、言ってあげたり、やってあげる方がいいよ。
みんなも嬉しことを言われたり、してもらったら、良い気分になるでしょ。

じゃあね、ママの言うことをよく聞いて、良い子でいるんだよ。
悪口を言っちゃだめだからね。
ばいば~い。 ;)

Wednesday, August 5, 2009

Magnificent cliff

Magnificent cliff

すごい崖(がけ)でしょ?
パパが今、仕事をしているところはこんな崖がいっぱいあるよ。
この崖の横を道路がとおっているんだけど、結構(けっこう)怖い(こわい)ね。

Boys on the cliff

崖の上に、少年たちが立っているのが見えるかい?
この子たちは、パパたちを見つけて走ってきたみたいだよ。
何か大きな声で言っていたけど、土地の言葉だから判らなかったよ。
この子たち、とても足が速いんだよ。

Basaltic hill

この岩山(いわやま)も面白い形だね。

Strange shaped basalt outcrop

こちらの岩山も、変わった形をしているね。
この岩山の奇妙な(きみょうな)形は、岩の硬さ(かたさ)の違い(ちがい)と岩の構造(こうぞう、つくりのことだね)、それと侵食(しんしょく)が作った形なんだよ。

Erosion

侵食作用(しんしょくさよう)は、水などが岩や土を削る作用(さよう、働きのことだね)のことだよ。
上の写真は、とても長い時間をかけて、水が固い岩を削って作った地形(ちけい)だよ。水が岩を削って作った縞模様(しまもよう)が判るかな?
水の力ってすごいね。
侵食を起こす力には、他にも温度(おんど)の違い(ちがい)や風や氷の力、それに生き物の力や化学変化(かがくへんか、これはちょっと難しいので、また勉強してね)があるんだよ。

自然の力ってすごいね。
世の中には不思議な(ふしぎな)ことがいっぱいあるね。
いろんなことを「不思議だな」と思って、いろいろと調べたり、勉強したりしてゆくと、とても面白くなるよ。

大切なことは、「不思議だな」とか「なぜなんだろう」と思うことと、そう思ったことを調べたり、勉強したり、してみようとすることだよ。

じゃあね。
ママの言うことをよく聞いて、良い子でいるんだよ。
それと、悪口(わるぐち、バカとかアホとかだよ)を言っちゃだめだよ。
悪口を言う子はみんなから嫌われてしまうからね。

ばいば~い。 :)

Blog Archive

Followers

Recent Comments

Blogs I'm Following

Yoshinori_K's Blogs