Letters to his family from a farther working abroad

Wednesday, July 29, 2009

Transports in Ethiopia

Trailer

エチオピアで見たフル・トレーラー・トラックだよ。
トラックの後ろに、もう一台トレーラーがついているよ。
とても大きいでしょ。

日本ではあまり見ないけど、ウガンダやエチオピアでは、良く見かけるよ。
内陸国(ないりくこく、海がない国のことだよ)で船が使えないから、生活(せいかつ)に必要(ひつよう)なものは全て、道路とか鉄道とかの陸路(りくろ)で運ばないといけないから、トラックが大きくなるんだろうね。
ウガンダには鉄道があったけど、エチオピアの鉄道は、首都(しゅと、国の中心地、日本は東京だよ)のアジス・アベバまで続いていないから、そうなるとトラックの輸送(ゆそう、物を運ぶこと)に頼ら(たよら)ないといけないんだね。



これは、こちらのバスだよ。
多分、長距離(ちょうきょり)バスだと思うよ。
屋根(やね)の上にまで荷物(にもつ)を積んでいるね。
鉄道がないから、旅行(りょこう)も、バスを使うしかないね。



また別のバスが来たよ。
このバスも、屋根の上に荷物を積んでいるね。
運転手(うんてんしゅ)さんに手を振ったら、手を振り返してくれたよ。
日本とは違って(ちがって)、のどかだね。

海がなくて、鉄道も途中で止まっているエチオピアでは、道路(どうろ)はとても大事なんだよ。
道路が途中(とちゅう)で切れてしまったら、海がある隣(となり)の国から、生活に必要な物資(ぶっし、物のことだよ)が入ってこなくなるからね。
ガソリンや軽油(ディーゼル用の燃料(ねんりょう)のことだよ)が入ってこなくなったら、車も動かないし、電気も止まってしまうね。
飛行機でも物は運べるけど、大量には運べないから、エチオピアの人たちにとっては、道路はとても大切なんだよ。

日本にとって大切なのは、船だよ。
日本はあまりにも多くの物を輸入(ゆにゅう、外国から物をもってくることだよ)して、輸出(ゆしゅつ、今度は外国に物を運ぶことだよ)しているから、船がなくなってしまったら、日本は大変だよ。
お米以外の食糧(しょくりょう)のほとんどは、輸入に頼っているから、ご飯が食べられなくなってしまうんだよ。

みんなの生活は、いろんな人たちが、物を作ったり物を運んだりして働く(はたらく)ことで支えられて(ささえられて)いるんだよ。
そういう人たちにも、感謝しなくちゃね。

じゃあね、ママの言うことをしっかり聞いて、良い子でいるんだよ。
乱暴(らんぼう)な言葉を使っちゃだめだからね。
ばいば~い。 :)

No comments:

Post a Comment

Followers

Recent Comments

Blogs I'm Following

Yoshinori_K's Blogs