Letters to his family from a farther working abroad

Tuesday, July 31, 2012

A hotel in Nuwara Eliya


Untitled

ヌワラエリアという街のホテルに泊まった時の写真だよ。
ヌワラエリアはスリランカの中部山岳地帯にある紅茶の産地で有名な街なんだけど、標高が2,000メートル近くあるから、北緯8度よりも赤道に近いのに気候が涼しくて過ごしやすいんだよ。

Untitled

涼しいというよりも、風が強かったら寒いくらいだったよ。それに霧も多く出る土地なんだよ。この写真を撮ったのは6月に行った時なんだけど、その時も寒かったよ。

Untitled

泊まったホテルは古いホテルだったので、立派な階段がホテルの玄関からロビーに続いていたよ。

Untitled

今日見せてあげた写真はみんな、ホテルのロビーで咲いていた花なんだよ。
このホテルにはこないだも行ったんだけど、夏は観光シーズンらしくてヨーロッパ系の家族連れでいっぱいだったよ。パパは一人で行ったからちょっとさびしかったね。

じゃあね、ママの言う事を良く聞いていい子でいるんだよ。ばいば~い。 :)

Saturday, July 28, 2012

Railway Crossing in Sri Lanka

Railway Crossing

パパの乗っていた車が急に止まったんで、前を見たら踏切がしまっていたよ。
これがスリランカの踏み切りだよ。日本のものともベトナムのものともずいぶん違うね。
ベトナム・ハノイの踏み切りと同じように、係りの人が毎回、人力で踏切を閉めるんだよ。
日本ではもう人が閉める踏切なんてほとんど残ってないと思うんだけど、海外ではまだまだ健在なみたいだよ。

Untitled

機関車がやってきたよ。でもぶれちゃったね。
機関車の手前の植え込みに洗濯物が干してあるね。ディーゼル機関車と洗濯物って、ミスマッチな光景だね。

Untitled

機関車の次は三等車だね。

Untitled

三等車の後には二等車が続いて、そのあとにやって来たのがこの緑と赤のツートンカラーの車両と、真っ赤な一等車だよ。緑と赤のツートンカラーの車両もたぶん一等車じゃないかな?ひょっとしたら特等車?

Sri Lankan Railway

真っ赤な一等車は実は展望一等車だったんだね。それにしても、こないだ見せた展望一等車よりもずいぶん綺麗だね。日本では展望車なんてもう寝台特急でしか走っていないけど、スリランカではまだまだ結構走っているみたいだね。

そうそう、日本では係りの人がいないから、踏切を渡るときには十分注意するんだよ。

じゃあね、ママの言う事を良く聞いていい子でいるんだよ。ばいば~い。:)


Friday, July 27, 2012

Flowers in Kandy, Sri Lanka II

Untitled

またまた、キャンディで撮った花の写真だよ。
この花は、ハノイのプールサイドに咲いていた花にちょっと似ているかな?
でもちょっと、花の色合いと花びらのつくりが違うような気がするね。

Untitled

このホテルにもプールがあったけど、寒かったし仕事で来ているから時間もないしで、パパはプールに入る暇はなかったよ。でもプールサイドに降りてゆく階段のわきで、小さなバラを見つけたよ。

Untitled

バラの花びらにアリさんがいるね。

Untitled

バラの花って、何枚も写真に撮ってきたけど、結構難しいね、写真を撮るのは。

日本のプールサイドにはどんな花が咲いているかな?
日本のプールにはそんなしゃれた雰囲気はないかな?

でも、夏休みはプールが楽しい季節だから、プールに行く機会があったら楽しく過ごすんだよ。

じゃあね、ママの言う事を良く聞いていい子でいるんだよ。ばいば~い。:)

Thursday, July 26, 2012

Monkeys in Sri Lanka

Untitled

一緒に働いていたスリランカの人から「景色のいいところにちょっと寄ろう」と言われて、仕事の途中で立ち寄った展望台から見た景色だよ。

Untitled

たしかに、いい景色かな?

Monkeys

でもここにはお猿さんが住んでいるんだよ。
野生のおサルさんだよ。
おサルさんは群れで行動しているから、集まってきたら結構な迫力だよ。でも近寄ったら逃げていくけどね。


A monkey on a tree

こちらは別の場所で見かけたおサルさん。
サルは賢くて好奇心が強いから、人間の持ち物を持って行ってしまうんだって。パパが泊まったホテルには「好奇心の強いサルのいたずらに注意してください」と注意書きが貼ってあったところもあったよ。

スリランカは色んな動物が身近に住んでいる国なんだね。

じゃあね、ママの言う事を良く聞いていい子でいるんだよ。ばいば~い。:)

Wednesday, July 25, 2012

787 Dream Liner in Sri Lanka Railways

787 Dream liner in Sri Lanka :)

草むらの向こうからディーゼルエンジンの轟音が聞こえたので音のした方を見上げたら、スリランカ鉄道のディーゼル機関車がすぐそばまでやって来ていたよ。
ナンバープレートを見ると、なんと 787 だね。スリランカ鉄道のドリームライナーだね。

Untitled

スリランカの人たちは、列車のドアに立つのが好きなみたいだね。それにしても、カラフルな客車だね。この客車は三等車だね。三等車の座席は狭いみたいだよ。パパがコロンボ・フォート駅で見た時は片側に3人が座るタイプの椅子だったよ。

Untitled

こちらは二等車だね。落ち着いたえんじ色の車体だね。二等車は片側に二人掛けの椅子だね。だから三等車よりもだいぶ広いみたいだよ。

Untitled

これは一等展望車かな?パパがコロンボのフォート駅を訪れた時には、一等車はいなかったよ。だから内部がどんなつくりなのか、直接見たことはないんだ。ホームページとかで見たら、結構豪華なみたいだよ。

Untitled

今回の写真はナワラピティヤという、スリランカの中部山岳地帯にある駅の近所で撮った写真だよ。このディーゼル機関車は駅から出発するのを待っているか、あるいは出発してすぐに何かの理由で止まってしまったかのどちらかみたいだよ。
機関車の向って右側に見えるのは、腕木式信号機という古いタイプの信号だね。この機関車がいるから、駅に向かう方向には赤信号が出ているみたいだね。

Sri Lankan Railway

列車のすぐ横に人が立っているね。なにかトラブルでもあったのかな?
W3というクラスのディーゼル機関車だね。こないだコロンボ・フォート駅に行ったときにはこのタイプは見なかったね。

スリランカの田舎で撮った鉄道の写真は面白かったかな?

じゃあね、ママの言う事を良く聞いていい子でいるんだよ。
ばいば~い。 :)


Tuesday, July 24, 2012

Flowers in Kandy, Sri Lanka

Untitled

パパが先月、キャンディというところに出張した時に泊まったホテルで撮った写真だよ。このピンクの花はキャンディで初めて見たよ。
そうそう、キャンディというのは町の名前だけど、飴ちゃんで有名な訳じゃなくて、こないだの手紙に書いた仏歯寺というお寺とそのお寺が主催するペラハラというお祭りで有名なんだよ。紅茶の産地としても有名だね。

Untitled

それにしても、このピンクの花はなんていう名前なんだろうね?


Untitled

この時に泊まったホテルは花が沢山咲いていたよ。これは何の仲間かな?ユリ?ラン?

Untitled

花の奥に吸い込まれそう?

Untitled

さっきの写真は実はこんな花を撮ったものだったんだよ。花の奥の方にピントがあったから、おしべとかめしべが写らなかったのかな?

じゃあね、ママの言う事を良く聞いていい子でいるんだよ。ばいば~い。 :)

Monday, July 23, 2012

Elephants walking in front of you

An elephant in a garden

こないだ、パパはピナワラ(Pinnawala)という町のホテルに泊まったんだよ。ピナワラはゾウの孤児院で有名になった小さな町で、毎日二回、町のメインストリートをゾウが行進して、川に水浴びに行くんだって。町のみやげ物屋さんでは、ゾウの糞から作った紙を使った本とかノートとかを売ってたよ。ちょっとした観光地だね。

上の写真は、そのホテルをチェックアウトする時に撮った写真。ふと見たら、民家の軒先をゾウが歩いていたよ。パパはびっくり。
お家のまん前をゾウが歩いていたわけだけど、そんなのって日本では信じられないよね。

Sunset view over Pinnawala

この川にゾウが水浴びに来るんだって。その現場に居合わせたらよかったんだけど、パパは仕事の出張でたまたまこのホテルに泊まっただけだったから、残念ながらゾウの水浴びは見れなかったんだよ。

Elephant on National Road

その代わりじゃないんだろうけど、神さまはパパにちょっとしたプレゼントをくれたよ。
パパの車が走っている国道を、なんとゾウが歩いていたんだよ。国道をゾウが歩いているなんて信じられるかい?上の写真は、車で追い越しざまにそのゾウを撮った写真だよ。
なんでも、スリランカの田舎の方では普通にゾウがそこらへんを歩いているそうで、ゾウに襲われる人も少なくないんだって。大きいから大変だね、ゾウに襲われたら。
このゾウの他にも、一台のトラックの荷台に積まれたゾウ二頭も見たよ。日本はおろか、ベトナムでも考えられない景色だね。

日本は夏休みが始まったところだね。計画を立てて楽しく過ごすんだよ。だらだら過ごしたら、夏休みなんてあっという間に終わっちゃうからね。宿題も遊びも勉強も、計画を立てて楽しくするんだよ。

じゃあね、ママの言う事をよく聞いていい子でいるんだよ。ばいば~い。 :)

Wednesday, July 18, 2012

Colombo Fort Station




先週の日曜日にコロンボのフォート駅に行ってきたよ。
上はその時の写真のスライドショーだよ。
右向きの三角形(再生ボタンのマークだね)をマウスでクリックしてね。スライドショーが始まるよ。
iPad からだと見えないみたいだから、パソコンから見てね。でも一応、下にもリンクを張っておくよ。

Slide Show: Colombo Fort Station

ディーゼル機関車が引っ張る列車や DMU (Diesel Multiple Units という意味だよ) と呼ばれるディーゼル列車(ディーゼルカーとは言い難いなぁ)が沢山出てくるよ。DMU は編成の先頭か最後の車両が半分ディーゼル機関車になっているタイプで、長距離用のインド製 S11 と短距離用の中国製 S10、それに名前も判らない古いタイプがあるみたいだよ。パパは前に「先頭と最後尾の車両の半分がディーゼル機関車」と書いたけど、これは先頭か最後尾のどちらかだったね。間違えたよ。

こうやってスライドショーで全部見せてしまうと、他の手紙で写真を使ったら「この写真見た!」って言われちゃうから、パパは困ってしまうけど、それでもここで見せた写真はまた使うと思うよ。

もうすぐ夏休みだね。
遊んでいて転んだり、怪我をしたりしたら、すぐにママに言うんだよ。黙っていて手当が遅れたら大変だからね。
それに、これからはプールの季節だね。入れるうちになるだけ沢山楽しんでおくのがいいね。暑い暑いハノイと違って神戸ではあまりプールに入れないからね。
宿題はさっさと終わらせてしまうんだよ。その方が楽だからね。

そういえば、もうすぐオリンピックが始まるね。オリンピックの水泳競技に出てくる選手の泳ぎ方を良く見ておくんだよ。「水泳はこうやって泳ぐんだな」って、良く判ると思うよ。でもパパはスリランカではテレビなし生活なので、たぶんオリンピックは見れないなぁ。。。

じゃあね、ママの言う事を良く聞いていい子でいるんだよ。暑いから沢山水を飲んで、熱中症には気を付けるんだよ。ばいば~い。 :)

Sunday, July 15, 2012

Tree of Buddha in Kandy

Untitled

これはキャンディという街で撮った菩提樹という木の写真だよ。キャンディは中部山岳地帯にあるスリランカの古い都で、日本で言うところの京都のようなところだよ。キャンディはお茶の産地としても有名だね。
そのキャンディには仏歯寺という有名なお寺があって、お釈迦様の歯を祭っているそうだよ。で、この菩提樹はその仏歯寺の近くにあったんだよ。
大きな菩提樹の下の祭壇に仏像が何体も置かれているのが判るかな?

Untitled

こちらは菩提樹の下の祭壇に昇るための階段だよ。昇り切った先にも仏像が置いてあるね。この菩提樹の祭壇には沢山の人がお参りしていたよ。

Untitled

こちらはその菩提樹の近くの街並み。
スリランカはイギリスの植民地だったんだけど、その頃に作られたコロニアル様式(植民地の建物の建築様式を言う言葉だよ)の建物みたいだよ。
日本の建物とはずいぶん違うね。フランスの植民地だったハノイの建物の方が似ているかな?

キャンディはスリランカでも有名な街なので、ゆっくり見て回りたかったんだけど、パパは仕事で来ているからそんな余裕はなくて、この菩提樹の写真を撮って、ホテルの近くで花の写真を撮っただけだったよ。

またみんなと一緒に、のんびり旅行に行きたいね。仕事の旅行は慌ただしくて、のんびりなんてできないからね。

でも、みんながママの言う事を良く聞くいい子でいてくれないと、旅行には行けないなぁ。

じゃあね、ママの言う事を良く聞いていい子でいるんだよ。ばいば~い。:)

Saturday, July 14, 2012

Thunder Cloud in Colombo


Thunder Storm

スリランカに来て1週間ぐらいたったころに撮った入道雲の写真だよ。
最近はこんなに大きな入道雲を見なくなったような気がするなぁ?
その代わり、灰色の雲が広がるうす曇りの空や、日本で秋にみるような雲が空高くに広がっているのを見るようになったかな?パパが来てからも季節は変わっているみたい。

Untitled

小さな積雲が海の上に浮かんでいるよ。

Untitled

こちらは積乱雲の子供たちかな?

Marine Drive

この海岸沿いの道路はマリンドライブという名前だけど、風が強い日には海風に乗って細かい潮が吹きつけて来るんだよ。そのマリンドライブの上に大きな雲が広がっているね。

やっぱり、最近はこんな入道雲を見なくなったね。
今、コロンボは雨季で、強いスコールが一日に何度か降ることがあるよ。スコールは長くは続かないんだけど、その代わり雨脚(あまあし)は強いんだよ。
スリランカには一年に二回モンスーンの時期があるそうだけど今は南西モンスーンの時期だね。北東モンスーンの時期にはスリランカの島の北東部に沢山雨が降るみたいだよ。

Untitled

こちらは雲の様子じゃなくて海の様子。この時も強い波が打ち寄せて、砂浜には誰もいなかったよ。だって、危ないからね。今は南西モンスーンの影響か、波がもっと強くなって、波打ち際には砂浜がほとんど見えなくなったよ。とてもじゃないけど、泳げないね。

日本ももうすぐ梅雨が明けて、夏がやってくるね。
夏休みはきちんと計画を立てて楽しく過ごそうね。

じゃあね、ママの言う事を良く聞いていい子でいるんだよ。ばいば~い。:)

Friday, July 13, 2012

Night in Colombo and Vehicles

Tuk Tuk

夜のコロンボで晩御飯を食べに出かけた時の写真だよ。2軒目のホテルから、コロンボのメインストリートの一つ、ゴール・ロードを歩いてレストランに行ったんだよ。この写真はホテルの前に泊まっていたトゥク・トゥクだよ。トゥク・トゥクはスリランカの人たちにとって、とても大事な交通手段だね。

Untitled

道路にトゥク・トゥクが一杯並んでいるよ。コロンボではあまりタクシーを見かけないんだけど、トゥク・トゥクはいつでも見つけることができるよ。
そうそう、ハノイと違ってコロンボでは、洪水のようなバイクの群れを見ることはないよ。バイクよりも車の方がずっと多いね。トゥク・トゥクも多いけどね。

Untitled

スリランカではバスも普及しているよ。トゥク・トゥクと並んでスリランカの人たちの足だね。遠くの街に行くときにはトゥク・トゥクよりもバスの方がいいね。それに鉄道よりも本数が多いから便利なみたいだね。
このバスのメーカーは Lanka Ashok Leyland という名前でイギリスの古い自動車会社とスリランカの会社の合弁企業みたいだね。パパはスリランカに来て初めて見たよ。

MacDonald's in Colombo

これは今のアパートの近所にあるマクドナルドだよ。ゴール・ロードにマクドナルドはこの一軒だけなので、いい目印になっているよ。

Night in Colombo

このお店はなんのお店かな?高級なファッションのお店みたいだね。

Untitled

このお店は照明器具のお店だね。夜でもにぎやかだね。

夜の街の写真を見せてあげたけど、夜の街で写真を撮るのは外国では結構気をつけていないと危ないことなんだよ。みんなも知っている通り、日本とは違うからね、外国は。

そうそう、みんなもハノイで海外生活を体験したけど、そのことを日本のお友達に自慢しちゃだめだよ。みんなだって、友達からいろいろ自慢されたらいやでしょ?

みんなは英語をそこそこ喋れるし判ると思うけど、それを日本のお友達に自慢するのもルール違反だよ。
みんなは英語を使える環境にいたし、英語のいい先生も沢山いたけど、日本にずっと住んでいるお友達にはそんな環境は望みようもないから、喋れなくて当たり前だし、間違えて当たり前なんだからね。

自分が頭がいいとか、自分がいろいろ出来るってことを自慢したり、ひけらかしたりするってことは、実は自分に自信がないことの裏返しなんだよ。だから、そういう事はしない方がいいんだよ。そういう事をする代わりに、昨日の自分よりも今日の自分の方がより進歩しているかどうかを確かめる方がいいんだよ。
自慢したりひけらかしたりしなくても、その子が出来るかどうかは、判る人には判るからね。自慢なんかせずに、逆に静かにしている方が良いことも沢山あるんだよ。

ちょっと、難しかったかな?

じゃあね、ママの言う事を良く聞いていい子でいるんだよ。ばいば~い。:)


Thursday, July 12, 2012

Sunset and Commuter Train in Sri Lanka

Untitled

パパがスリランカについて間もないころに、仕事が終わった後に泊まっていたホテルの近所の砂浜に出かけたことがあるよ。パパが出かけた時はちょうどお日さまが沈む頃で、夕暮れの西の空を背にしてシルエットを浮かびあがらせていたヤシの木が印象的だったよ。

Untitled

その砂浜のすぐ近くには線路が通っていて、こんな列車が走っていたよ。
これはスリランカの通勤列車だね。通勤電車じゃないんだよ。というのは、編成の先頭と最後尾の車両のそれぞれ前半分と後ろ半分をディーゼルエンジンが占領していて、ディーゼル機関車と客車を足して二で割ったようなつくりになっているんだよ。この写真の列車の先頭車両も半分はディーゼル機関車で半分は客車だね。日本のディーゼルカーとはちょっと違った作りだね。

Untitled

中間車両はこんな感じですごくシンプル。日本のディーゼルカーだと床下にエンジンを積んでいて、なんか物々しいんだけど、スリランカの中間車両は客車そのものみたいだね。他に日本と違うところは、ドアにステップが付いていることと、ドアを開けっぱなしで走っていることかな?

Untitled

列車が通過した後を振り返ると、夕暮れの砂浜が広がっていたよ。

Untitled

こちらは夕焼けとは関係ないんだけど、朝のラッシュ時の通勤列車の様子だよ。ホテルの窓から撮ったんだけど、ドアのステップにまで人がいっぱい乗っているのが判るかな?きっと車両の中は満員なんだろうね。日本では考えられない状況だね。

Untitled

ほんと、怖くないのかな?動いている列車のドアのステップに立っているのって。パパはもっと沢山の人がドアに鈴なりにぶら下がっているのを見たことがあるよ。でも逆に、ラッシュアワーじゃなくてそんなに込んでいなくても、ステップに立っている人って結構いるんだよね。風が気持ちいいのかな?
いずれにしても、日本ではありえないね。

じゃあね、ママの言う事を良く聞いていい子でいるんだよ。ばいば~い。:)

Blog Archive

Followers

Recent Comments

Blogs I'm Following

Yoshinori_K's Blogs